2014年12月23日

ヴィヴィアン・リーの声のアルバム

★ヴィヴィアン・リーがナレーターをした物がデジタル・ミュージックで発売されています。

 まずはピーター・ラビットのもの。
 何年の録音かがわかりませんが、ヴィヴィアン・リーの声が低くなってからなので、晩年のものだと思われます。



 他にも子供用の朗読のためのデジタル・ミュージックがあります。
 こういうのがいくつかあるというのは、ヴィヴィアン・リーはラジオの番組でナレーションをしていたのでしょうか。




★アントニーとクレオパトラの録音もあります。

 反響音、バタバタとするバック音、大勢のキャストで、これはもしかしたらヴィヴィアン・リーが1951年〜52年に舞台で演じた「アントニーとクレオパトラ」をそのまま録音した物かもしれません。




★それ以外にも、ヴィヴィアン・リーとローレンス・オリビエが朗読する「レベッカ」のカセットがあったようです。

 「レベッカ」映画化の際にヴィヴィアン・リーはオリビエと共演したいがためスクリーンテストを受けましたが、美しさがアダとなって落ちたそうです。
 もしかして、これはその時の??と思いましたが、そうではなく、後年のラジオのためのもののようです。
  

同じカテゴリー(ヴィヴィアン・リー作品のサントラ)の記事
 「無敵艦隊」オリジナル・サウンドトラック (2014-12-22 18:00)
 「愚か者の船」オリジナル・サウンドトラック (2014-12-21 18:00)
 「トヴァリッチ」オリジナル・サウンドトラック (2014-12-20 18:00)
 「ローマの哀愁」オリジナル・サウンドトラック (2014-12-19 18:00)
 「愛情は深い海のごとく」オリジナル・サウンドトラック (2014-12-18 18:00)
 「欲望という名の電車」オリジナル・サウンドトラック (2014-12-17 18:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。