2014年11月12日

はじめに

 このブログでは、オードリー・ヘプバーン、及びヴィヴィアン・リーの映画のサントラを紹介しています。
 新情報が入った時には改訂致します。

 以下にサントラの種類を書いておきます。上位の物ほどサントラとしての価値が高いと思われます。
 下2つはサントラとは呼べないものの、特記事項がある場合は書いてあります。

hoshi2映画で使われた本当のサントラ

 これこそが本当のオリジナル・サウンドトラック!略してOSTです。

 なぜこういう回りくどい書き方をしているかというと、市販のもので“サントラ”と銘打っていても、実は作曲者によって映画とは違うアレンジで、録り直しされてしまっているものがあるからです。そういう物は、フィルムで聴いていた音楽とは全くの別物です。主にヘンリー・マンシーニ作曲のもの。

 本当のサントラであっても、作品によって、決定版(完全版)、一部の曲が入っていない不完全版、数曲しか発売の無い抜粋版などが存在します。

 個人的な曲のオススメ度も表記。

 mp3などのデジタルミュージック情報も掲載。基本はアルバムのみの紹介になります。単曲で欲しい方は、そこからバラで買ってみてください。

 デジタル化の際に、数曲落ちている・音飛びしている・音を圧縮しすぎでシャーシャーいっている・同じ物が数種類ある、などの特記事項がある場合も掲載しています。
 アマゾンでの商品紹介では、そういう粗悪な録音は極力省いております。
 アマゾンにあるのに載ってない物は、何か問題があると疑ってください。(値段、音質など)

hoshi2オリジナル・サウンドスコア

 これは、本物の映画のサントラが無い場合、その代わりとして大いに役立つものです。
 楽譜は実際に映画で使った時の物(オリジナル・スコア)を使用し、演奏されています。

 そのため映画での音に近い響きがしますし、大体の場合、映画よりも後年に録音されているので、音もクリアで綺麗です。
 アレンジは、1曲としてまとめるために終わり部分を少し変える、など最低限に留まっています。

 ただし、やはり個々の楽器が持つ音色が違いますし、ミキシングによって聞こえ方がサントラとは異なります。
 演奏によっては映画のテンポとは大きく違う物があります。

 ニーノ・ロータなど、作曲者自身によるオリジナル・スコアの組曲の演奏もあります。

hoshi2作曲者によって録音し直された、“自称サントラ”

 これは、映画で使った録音とは違います。主にヘンリー・マンシーニが担当した映画に多いです。

 映画とは演奏者の人数も違う、楽器も違う、アレンジも違う、テンポも違う、と映画で聴いた音楽とは違う響きがします。
 しかし、過去には本当のサントラが聴きたい!と思っても、このまがい物しか“サントラ”として入手出来ませんでした。サントラファン泣かせ。

 本当のOSTが出た場合、とたんに価値が色褪せて、“作曲者によるイージーリスニング”となる可能性が高いです。

hoshi2その他の演奏

 作曲者による別アレンジの別演奏を初め、他の人の演奏がある場合で、特記する事がある場合はこちらに書いています。
 演奏は基本、サントラとはまるで違う物になります。

 「ムーン・リバー」など、大量に別の演奏がある場合は、割愛します。

hoshi2注意すべき演奏

 映画の音楽では無いのに、ネット上で作品と同名だから“サントラ”と誤って誘導されているもの、
 また映画をそのまま録音した(セリフや効果音入り)、価値のない海賊盤レコードなどの粗悪品がある場合は注意喚起します。
Posted by みつお at 09:00│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。