2014年11月27日

「マイ・フェア・レディ」オリジナル・サウンドトラック

作詞:アラン・J・ラーナー
作曲:フレデリック・ロー
指揮:アンドレ・プレヴィン
   他に、オーケストレーションでアレクサンダー・カレッジ(「スタートレック」のテーマ曲を作った人)も参加しているそうです。

hoshi2映画で使われた本当のサントラ:出ています、が、サントラとしてみると不完全版。

 「マイ・フェア・レディ」のサントラは今まで2度発売されています。最初に出た昔ながらのタイプは、きちんとサントラと言える物で、オーケストラと歌だけのもの。ただ残念な事に、全曲ではありませんでした。「召使いの歌」「間奏曲」「大使館のワルツ」などが入ってません。16曲約52分

 これが残念だなーと思っていたら、「マイ・フェア・レディ」公開30周年に合わせて、新盤が発売。今度は全曲入ったのはいいものの、映画そのままの音声で、効果音やセリフまで入っているもの。これじゃ映画を見た方がいいよね、という残念盤。サントラとしてはダメダメ。27曲76分。

 ちなみに、リマスターされるまで「間奏曲」として休憩の時に入っていた曲が、30周年リマスターの際にリマスターのスタッフロールで使われる事になり、現在では「終曲」になっています。
 (新盤で“間奏曲”となっているのは、まだ本編の途中の曲。)

 なお、30周年記念盤では“イライザ:マーニ・ニクソン”などと失礼な表記がなされていましたが、実際には「いまに見てらっしゃい」などはほとんどオードリーの声です。

 あと、1963年発売の「映画の友」という雑誌では、撮影も終盤頃にインタビューでオードリー自身が、自分で全曲吹き込んだバージョンがある、と発言しています。
 その時はどれくらいオードリーの声で行くか聞かされていなかったようで、“プロの歌手ではないので難しかったですけど、頑張りました。”と答えていました。
 50周年の今回、そのオードリーバージョンも収録され、効果音などは無い2枚組の完全版などが出たらいいなあと思います。

 30周年の時に「ステキじゃない?」と「証拠を見せて」はビデオやLDの特典で収録されましたが、YouTubeではさらに「いまに見てらっしゃい」の中間部もオードリー版、さらに「踊り明かそう」「あなたなしでも」が発掘されており、残るは「スペインの雨」だけになっています。
 ただそれらはピアノ伴奏の練習版なので、オードリー自身が言っていた完成版のオードリーの歌が見つかるといいなあと思っています。

 なお、映画バージョンでの「マイ・フェア・レディ」のデジタル・ミュージックはバラ売り1曲しかありません。
 でも中身はジュリー・アンドリュースの舞台版なのに、ジャケットはオードリーというのがいくつかあって、これってオードリーにもジュリーにも失礼ですよね。
 ヒドいのは「踊り明かそう」で、映画版でもないのに表記はオードリーってのがいくつもありました。

オススメ度:★★★★(本当は星5つですが、サントラとしての出来は最初は全曲ではない、新盤は効果音やセリフの入った不完全版ということで減点)









hoshi2その他の演奏:

 名曲ぞろいの「マイ・フェア・レディ」なので、色んな演奏がありますが、映画に沿って、というより舞台版に近いかもしれません。
 ただ、公開当時は映画と全く関係ない演奏でも全てオードリーの写真がレコードジャケットに使われるくらい、映画の勢いは凄かったです。

 唯一映画と関わりの深い指揮者であり、ピアニストでもあるアンドレ・プレヴィンが出したジャズ・アレンジのピアノ版「マイ・フェア・レディ」が公式にオードリーの画像を使ってジャケットにしています。
 こののち、プレヴィンは映画を離れ、クラシック界の方へ進んでいく事になります。



同じカテゴリー(第3期作品のサントラ)の記事
 「シャレード」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-26 18:00)
 「パリで一緒に」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-25 18:00)
 「噂の二人」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-24 18:00)
 「ティファニーで朝食を」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-23 18:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。