2014年11月22日

「許されざる者」オリジナル・サウンドトラック

作曲:ディミトリ・ティオムキン

hoshi2映画で使われた本当のサントラ:あります。現在も新品が入手可能。

 レコードはモノラルバージョンとステレオバージョンが発売されていました。公開当時には日本版もあったようです。
 CDは1994年2007年2010年に発売がありました。音はもちろん2007年と2010年の物が圧倒的にいいです。15曲32分。

 2007年盤は他の4作品との3枚組、2010年盤は「大西部への道」とのカップリングです。
 2010年盤は、アマゾンでは「大西部への道」がメインジャケットになってますが、実際には「許されざる者」がメインジャケットです。

 またデジタル・ミュージックも入手可能です。

オススメ度;★★★(メインテーマとロデオの曲はいいのですが、それ以外が印象に残りません)





hoshi2オリジナル・サウンドスコア盤:

 プラハシティ・フィルハーモニックオーケストラによる“許されざる者”1曲の録音があります。この曲はサントラでは2曲目に入っており、映画のタイトルバックで流れる曲ではなく、ちょっと遅いバージョンです。オードリー・ヘプバーンの写真集の付録で聴く事が出来ます。




hoshi2その他の演奏:

 日本版のサントラの権利を持っているのはキング・レコードなのですが、過去にキング・レコードがオードリー作品集や西部劇のレコードを作る時に“サントラ”として入れていたものは、全て本当のサントラではありません。その演奏はドン・コスタ・ヴォイス&オーケストラという所の演奏。
 どこかでホントのサントラと、このカバーの演奏が入れ替わってしまったようです。

 ドン・コスタ・ヴォイス&オーケストラ以外にも、オードリーの作品集のレコードを作る際にイージーリスニング風のアレンジでよく収録されていました。
 同じ2期の「尼僧物語」や「緑の館」が全く収録されないのに比して、かなりの高確率で収録されていたのでとても不思議です。

 また、巨匠ティオムキンの作曲なので、他の人による演奏もあります。アレンジが色々あって面白いので、ぜひ聴き比べてください。





同じカテゴリー(第2期作品のサントラ)の記事
 「緑の館」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-21 18:00)
 「尼僧物語」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-20 18:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。