2014年11月17日

「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラック

作曲:ジョージ・ガーシュウィン(「ラプソディー・イン・ブルー」などの作曲家)、作詞:アイラ・ガーシュウィン
   ロジャー・イーデンス、レナード・ガーシュ。

   上記以外にも、アレクサンダー・カレッジ(「スタートレック」のテーマ曲が有名)がオーケストレーション&一部作曲しているほか、クレジットされていない作曲者が数名いるらしい。

hoshi2映画で使われた本当のサントラ:出ています。ただし、不完全版です。

 主な歌曲は有るものの、インストの挿入曲のほとんどは未収録。また歌曲でも“Think Pink! ”は一部カットされた短縮版。
 CDは国内盤でも2度出ましたし、海外版でも何度か出ていますが、今は廃盤になっているようです。12曲約42分。

 ただし、輸入盤でオレンジのジャケットで出た物がありますが、“Think Pink! ”と“Funny Face” の2曲で音飛びがありますので、買わない方がいいです。
 ピンクのジャケットの物を選んでください。

 デジタル・ミュージックでの購入は可能。同じものが何種類も出ています。
 ただし、海外のオレンジ版CDで音飛びしていた2曲は、そのままになっているデジタル版も多いです。
 4曲目の“Funny Face” で試聴でもわかるので、それを聴いて、音が飛んでないものを選びましょう。
 さらに、物によっては1曲少なくて11曲しかない物もありますので、買う際は要注意。

 ここでは。4曲目に音飛びの無い物で、きちんと12曲入っている物を選んで紹介しました。

 また、過去に出ていたレーザーディスクで、副音声に映画のセリフや歌をカットした、音楽だけ聴ける特典のあるものがありました(ワイド版のみ)。48曲約71分。
 ただしこれは、映画そのものに音声カットの加工をした物なので、セリフや効果音が入るために音が小さくなる部分はそのまま、というものです。

 オリジナル・テープからの完全全曲リマスター版が欲しい所です。

オススメ度:★★★(現在の不完全版に対して。全曲盤が出た場合、評価は上がります。)






 ↓こちらが買ってはいけないオレンジ版。




hoshi2その他の演奏:

 日本の昔のオードリー特集のレコードなどで “ス・ワンダフル” がイージー・リスニング風の編曲をされたものがあります。

 他にも、ジョージ・ガーシュウィンの曲でJAZZ風に収録された物が多いです。

同じカテゴリー(第1期作品のサントラ)の記事
 「マイヤーリング」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-19 18:00)
 「昼下りの情事」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-18 18:00)
 「戦争と平和」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-16 15:00)
 「麗しのサブリナ」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-15 12:00)
 「ローマの休日」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-14 09:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。