2014年11月16日

「戦争と平和」オリジナル・サウンドトラック

作曲:ニーノ・ロータ(「太陽がいっぱい」「ゴッドファーザー」「ロミオとジュリエット」などの巨匠)
演奏:Franco Ferrara & His Orchestra ということだそうです

hoshi2映画で使われた本当のサントラ:出ています。

 ただし、CDは1990年2008年に出ましたが、どちらも既に入手困難。価格は高騰しています。
 現在はダウンロードで簡単に入手が可能になっています。

 音質はCDでもデジタルミュージックでも、リマスターされていないのでとても悪いです。後半の曲になればなるほど音がこもっていきます。

 また、デジタル・ミュージックは版権が切れているのか、同じ物が何種類も(10種類以上)出ています。値段はそれぞれ違うので(900円〜1500円)、試しで聴いて、少しでも音のいい物を選んでください。
 600円のもありますが、“アナトールとナターシャ”という曲が欠けているので、お勧めしません。
 ここでは、安い900円の中で音質がまあいい物を載せました。

オススメ度:★★






hoshi2オリジナル・サウンドスコア:あります。

 ニーノ・ロータ自身はこの曲を気に入ってたようで、組曲風にして演奏しています。約6分半。
 後年に録っているので、本当のサントラよりも音が良くなっています。

 他のコンピレーションものにもありますが、キングレコードのオードリー作品集のCDで収録されています。
 他がイージーリスニングで聴くほどのものではないのですが、「戦争と平和」のみサウンドスコア盤の重厚で映画らしい音がします。

 また、他の指揮者が巨匠ニーノ・ロータの曲ということで。録音しているものもいくつかあります。




hoshi2その他の演奏:

 昔のオードリー映画特集のレコードなどで “ナターシャのテーマ” を日本のオーケストラが演奏した物がありますが、音が薄いです。旋律だけ取ってきて、アレンジしたもの。映画の雰囲気はありません。

同じカテゴリー(第1期作品のサントラ)の記事
 「マイヤーリング」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-19 18:00)
 「昼下りの情事」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-18 18:00)
 「パリの恋人」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-17 18:00)
 「麗しのサブリナ」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-15 12:00)
 「ローマの休日」オリジナル・サウンドトラック (2014-11-14 09:00)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。